コミュニケーションは大事

オフィスレディ

社内管理法として活用されることの多い情報共有システムやアプリは、まだまだ導入していない会社が多いです。良さが分かれば、興味が湧くはずなのでそれを見つつどのような機能があるのかを把握しておくと良いでしょう。後で購入する時役立ちますし、今後の参考に出来ます。一方、中々売上が伸びない会社は、製品に魅力がないのか・コミュニケーションが成り立っていないかのどちらかだと推測されます。まず、情報共有が上手くできていないと全員が仕事の内枠を知ることがないので、ハプニングの対象になるでしょう。そうすると会社の信用問題に関わり場合によっては成績が悪くなる可能性も否めないのです。情報共有が出来るシステムの良さは、会社内で起こる人間関係のサポート役へ回ってくれることです。たとえば、報告がしたくてもその場に上司がいなければ、急いでいる案件の意見を聞くことすら難しくなり、結局上手く行かず後で怒られるなど悪循環な出来事に発展します。また営業報告を朝一でしたのにも関わらずアドバイスをもらうまで数日かかるなど、こんなに会社があるのですからマメじゃない上司もいるでしょう。しかも、せっかく掲示板をSNS内で活用されていないのなら情報共有以前の問題になるのです。

今の時代、社内全体の情報共有はもはや見せるものとして成り立っています。それがないと状況の把握どころか、努めている会社の素性を知ることすら難しくなるでしょう。そして、情報が見えるから見せる側に回ったことで上司が案件や営業進捗を元にアドバイスしやすくなりますし、リアルタイムで全員と共有出来るようになります。そして、上司かからの返信が早くなったことで業務の活性が期待で出来るので、情報共有においてコミュニケーションは非常に重要なところになります。また、情報共有だけではなくセキュリティや案件管理・支援・活動・顧客管理・システムの連携等の機能もありますから必要に応じて活用出来るのです。

Copyright ©2015 情報共有で会社全体が活性化される|見せる情報 All Rights Reserved.